本文へスキップ

Camerata NAGANO/木管アンサンブル&室内オーケストラ

指揮者・音楽監督・トレーナーMATSUAHITA Isao

松下 功|MATSUSHITA Isao/常任指揮者兼音楽監督

MATSUSHITA Isao当団音楽監督の松下功先生は、2018年9月16日急逝されました。
心からご冥福をお祈りいたします。


東京藝術大学及び同大学院修了後、ベルリン芸術大学で研鑽を積む。日本音楽コンクール作曲部門入賞、ドイツ・メンヒェングラードバッハ市国際作曲コンクール第1位、第7回入野賞受賞。「World Music Days グラーツ大会・香港大会・メキシコ大会」、「ベルリン芸術祭」、「アジア音楽祭」等、多くの音楽祭でその作品が演奏される。1996年北京において「松下功管弦楽作品演奏会」が開催される。2000年(ベルリンフィル・サマーコンサート2000)和太鼓協奏曲「飛天遊」がケント・ナガノの指揮で演奏され、25,000人の聴衆から絶賛される。
 作曲・指揮・音楽企画など幅広く活動し、「アジア音楽祭2000in横浜」、「アジア音楽週間2003in東京」の実行委員長を務める。アジアの現代音楽に詳しく、アジア各地の作曲家との交流も深い。指揮者としても古典から現代までは幅広いレパートリーを持ち、札幌交響楽団、上海交響楽団、東京フィルハーモニーなど、各地のオーケストラを指揮している。
 長野においては、長野冬季オリンピック公式文化プログラム・オペラ「信濃の国・善光寺物語」、オリンピック開閉会式選手入場の音楽「信州民謡パラフレーズ」を作曲したほか、善光寺「第九奉納演奏会」、白鳥バレエ団「白鳥の湖」・「コッペリア」公演を指揮、2004年11月には白鳥バレエ団委嘱によるバレエ「戸隠物語」の作曲・指揮、2006年10月には八幸会委嘱による邦楽合奏とオーケストラのための「誘いの舞」を八幸会とカメラータ・ナガノにより初演し好評を博す。
 東京藝術大学演奏芸術センター教授、アンサンブル東風代表、文京区民オーケストラ指揮者、カメラータ・ナガノ音楽監督兼常任指揮者。

松下 功|Isao MATSUSHITA (松下功ホームページ)

傳田 高廣|DENDA Takahiro/トレーナー

DENDA Takahiro長野市出身。武蔵野音楽大学クラリネット科卒業。千葉国夫、村井裕児各氏に師事。在学中の1972年NHK毎日コンクール入選。ドイツの国立ケルン音楽大学に入学し、フランツ・クライン氏に師事。

1975年バーゼル音楽院に入学、ハンス・ルドルフ・シュタルダー氏に師事し卒業。ソリスト・ディプロマを取得。帰国後ドイツ・バッハゾリスデン、仏リヨン管弦楽団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、コチアンカルテット、ウイーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団など国内外の演奏家と共演。

長野市にて、サイトウ・キネン・オーケストラ首席クラリネット奏者カールライスター氏と共演。待望の初アルバム「ブラームス・クラリネットソナタ」を発売。

山上 貴司|YAMAGAMI Takashi/トレーナー

YAMAGAMI Takashi長野市生まれ、東京芸術大学卒業。同大学院修了。ファゴットを霧生吉秀、三田平八郎、アルベルト・ヘニゲの各氏に師事。室内楽を海鋒正毅、中川良平の両氏に師事。音楽学を大宮眞琴氏から教示を受け、18世紀の音楽(特にハイドン)に造詣が深い。
 1976年渡辺暁雄氏指揮の芸大オーケストラとモーツァルトの協奏曲を共演。1978年夏、軽井沢音楽祭にて東京ゾリステンとモーツァルトの協奏曲を共演。1984年長野市にて、1994石橋メモリアルホールにて、1996年、1999年カザルスホールにて、2005年大泉ゆめりあホールにて、2006年アメリカ、インディアナ州マンシーのボールステイト大学における国際ダブルリード協会の総会にてリサイタルを催し好評を博す。1995年夏、志賀高原音楽祭にて元ベルリンフィル首席オーボエ奏者のローター・コッホ氏とモーツァルトの『13管楽器のためのセレナーデ』を共演。2007年ニューヨーク州イサカのイサカ大学における国際ダブルリード協会の総会においてリードメイキングのレクチャーを行い好評を得る。また、長年手掛けているアマチュアオーケストラや、市民オーケストラの指導及び指揮に定評があり、現在も多くの大学の学生オーケストラや市民オーケストラの指導、指揮を行う。
 現在、東京都立芸術高校音楽科講師、日本ファゴット(バスーン)協会理事、信州まきたばの会代表。クロアチア音楽協会名誉会員。国際ダブルリード協会会員。